人生計画協会はコーチング資格の認定と、夢を実現するためのコミュニティを運営する、非営利の団体です

一般社団法人人生計画協会

最終日、まとめとクラウドファンディングにかける想い(10万字の長すぎる自己紹介50/50)

長期的な視点であなたの夢を目標に変えて実現する、人生計画マスターコーチの安田修です。

この記事は、人生計画フォーラムのコミュニティ・プラットフォーム・システムの開発に関するクラウドファンディングプロジェクトが本日、7/7(金)までに200万円の目標額を達成するために毎日2,000文字以上、書いています。自己紹介もこれで完結、プロジェクトも本日で終わりです。ぜひご支援をお願いします!!

人生を走馬灯のように振り返る

50回におよぶ「長すぎる自己紹介」を書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。普段の記事とは異なり、「面白いことを書いてやろう」と考えることも奇をてらうこともなく、淡々と書いてきました。いつか書きたいと考えていたことばかりですが、需要もないでしょうし何より大変なので先送りにしていました。ほんと、意志が弱いので。

41年の人生を振り返ると、「立派な大人」になろうとしてずいぶんと無理をしてきたなあと思います。くそまじめに勉強をして仕事をして、無理に組織に適応しようとし、お酒やゴルフなど苦手なことを頑張って。会社を辞めて起業をして、本当に良かったと心から思えます。そして、日本生命という会社で頑張った15年間は大きな財産だとも。

好きなことだけしていれば良い、心のおもむくままに生きなさいという教えは、私は嫌いです。結論としては間違えていないと思うのですが、ある程度の人生経験を積んで苦労をして、ようやく到達できる境地なのだと思います。若いうちからそういうスタンスでは、もったいないと思うんです。不器用でくそまじめな時期も、必要ですよね。

価値観とコンテンツ

時系列での自己紹介は30回でネタが尽き、その後19回は価値観とコンテンツについて少し角度を変えて書いてみました。そして気づいたことは過去も含めて「ああこれ、同じことを何度も書いているな」ということです。経験が価値観になり、価値観がコンテンツを生み出しているので当然と言えば当然ですが、自分としては新鮮な気づきでした。

読んでいる方がもし「どうしてこの人は何回も、当たり前のことを繰り返して書くのか」と感じたとしたら、それ、ちょっと私に洗脳されてますよ(笑)。長期的な視点、夢とお金と行動、自由と好奇心、自分の頭で考える、選べる人生などの価値観は私にとっては当たり前でも、まだまだ大多数の人にとっては当たり前ではありませんから。

新しく作るシステム

システムに投資するには人生計画フォーラムのメンバー間でも賛否両論あります。クラウドファンディングに多額の支援をして下さった方もいれば、システムの完成を待たずして去っていった人もいます。すぐに効果が出るような、誰にでもわかりやすいコンセプトではありませんから、それは仕方のないことだと思っています。辛いですけど。

新しいシステムではコミュニティが可視化され、イベントという入り口をしっかりと固めることで多くの人を集めることができます。ポイントを貯めて使えるようになることで、人の流れが活性化されます。まさにコミュニティプラットフォームとしか言いようがないのですが、このことを文字だけで伝え切るのは無理だと感じています。

システムをリリースして、使ってもらえればわかってもらえるはずです。それでも、多くの方にとっては最初は意味が良くわからないかもしれません。半年・1年が経った頃に、「なるほど、これがやりたかったのか!」と一部のメンバーの腹に落ちるのではないかと予想しています。それでも、残念ながら全員に理解されることはないでしょうね。

新システムによって変わること

システムがリリースされると、最初に起こることは正会員の中での人の流れの活性化です。ポイントをまとめて使えることで、イベントに参加するメリットが強くなるからです。それによってイベントをやってみようと思う人が増え、外部からも人を呼べるイベントが増え、価値が高まったコミュニティ・プラットフォームに急激な人の流入が起こります(起こるはずです)。

そうすると、今いるメンバーの先行者利益は大きく、ようやく会費をサービスの価値が大幅に上回ることができます。今までお付き合い頂いたメンバーの方々には感謝しかありません。去っていった人は単に足元の妥当な判断をしただけなので、そのうちきっと戻ってきてくれると思います。妥当な判断として、得だということになりますから。

人生計画フォーラムの未来

ようやく我々は武器を持ち、誰もが自分のコミュニティを持って育てるというビジョンが具体的な形を取り始めます。フォーラムへの貢献なんて一切考える必要はなく、長期的な視点で考え抜いた上で利己的に、それぞれが自分のメリットを追ってさえいればフォーラムの価値が幾何級数的に高まっていく時期が来ます。

そして人が人を呼び、10万人の正会員というあり得ないような目標も実現します。システムなしで頑張っても、ざるから水がこぼれるように一進一退、肌感覚ではざっくり300人までしか行かないと思うんです。その300人を、アナログだけで走り抜いて達成してみせるのも必要かななんて考えたりもしていますが、これはまた別の話。

最後のお願い

最後のお願いです。コミュニティ・プラットフォーム・システムの開発に関するクラウドファンディングプロジェクトは本日の23:59までオープンしていますから、是非ご支援をお願いします。すでに支援したよ、という方も他のリターンあるいはさらなる支援もご検討ください。もはや何の理屈もなく、単なるお願いです!

「リターンにはないけど、もしこんなことをしてくれたら支援する」なども、直接メッセージ・メールを頂ければ検討します。どうしても本日中に間に合わない場合にも、後日個別で何か対応をさせて頂くこともできるかもしれません。あらゆる可能性を、追求させて下さい!最後の瞬間まで、諦めませんよ!

「でも結局、コミュニティ・プラットフォーム・システムって何なのか難しくてわかんないからなあ」という方、まさに本日、最後の説明会があります。完全に無料ですし、そこではどんなご質問にもお答えしますから、お時間ある方はお気軽にお立ち寄り下さい。ドタ参、大歓迎です。遅れての参加でも大丈夫です!よろしくお願い致します!