人生計画協会はコーチング資格の認定と、夢を実現するためのコミュニティを運営する、非営利の団体です

一般社団法人人生計画協会

コンテンツ紹介、マスターコーチ認定コース(10万字の長すぎる自己紹介49/50)

長期的な視点であなたの夢を目標に変えて実現する、人生計画マスターコーチの安田修です。

この記事は、人生計画フォーラムのコミュニティ・プラットフォーム・システムの開発に関するクラウドファンディングプロジェクトが2日後の7/7(金)までに200万円の目標額を達成するために毎日2,000文字以上、書いています。コンテンツ紹介はこれで最後、まだ影も形もない幻のコンテンツ(笑)、マスターコーチ認定コースです。

人生計画マスターコーチ認定コースとは

マスターコーチの本質を知っている人は誰もいません。なぜならまだ一回もコースを実施していないからです。もちろんマスターコーチも私以外にはいませんから、これはもうほぼ妄想の産物と言えるでしょう。しかし考えてみれば、人生計画フォーラムもブランチも、あらゆることは妄想から始まっているのですから、同じでしょう(違う)。

マスターコーチとは、人生計画とコーチングをはじめ、フォーラムにおけるあらゆるコンテンツと仕組みを理解した存在です。既にお気付きの方もいらっしゃると思うのですが、人生計画フォーラムの全ての制度は私がいなくなっても機能するように設計されています。全てのコンテンツはマスターコーチが教えることができるんです。

私がやっている代表という立場ですらただの役割に過ぎないと思っているので、最終的には誰がやっても回るようにしたいと思います。そうしないと、私が自由で好奇心にあふれる状態になることができませんから。人生計画コーチの中からマスターコーチが生まれるのと同じように、きっとマスターコーチの中から代表が生まれるんでしょうね。

2020年までの全国展開

2020年までには、北は北海道から南は沖縄まで日本全国を10エリアに分けて、そのそれぞれにエリアリーダー・カテゴリリーダーを置きたいと構想しています。そのエリアリーダー・カテゴリリーダーは、少なくとも人生計画コーチ、できればマスターコーチであるのが望ましいと思います。私はその頃、海外への展開を探っていたいですね。

人生計画コーチは人生計画について深く知り、かつコーチングのスキルを持った中核的な存在であるのなら、マスターコーチはそれらを教えることができる、フォーラム運営に関しては私の分身として一つの地域を丸ごとお任せできるような、スキルと人格を持つ「公的な存在」であるべきだと考えているんです。まだ、誰もいませんけどね。

一人での限界とコミュニティの力

私ははっきり、自分で全てをやりたいプレイヤーとしての願望が強いタイプです。できれば10万人のコミュニティを、自分一人かせいぜい3〜4人の人とシステムで運営したいと考えていました。でも当たり前ですが、それではすぐ(と言っても1,000人よりはあと)に限界が来ることに気づかされました。質量ともに、大きな協力者が必要です。

最近では、10のエリアなら少なくとも10人〜20人のマスターコーチが必要だと考えています。そしてその10倍くらいの人生計画コーチがいて、さらにその10〜100倍くらいのブランチリーダーがいて、コミュニティで全てを解いていくという発想です。人数の見積もりはまだまだ荒いですが、やっているうちに見えてくるだろうと思っています。

ともかくそういう「役割」を担う人たちを発掘し、育てて行かないと10万人のコミュニティは崩壊してしまいます。ただやる気があるだけではなく、長期的な視点とコミュニケーションスキルを備えた多くの人を、ビジョンで繋ぐことができなければフォーラムの仕組みはあっという間に崩壊してしまいます。案外、綱渡りなんですよ。

本当に自由になれるのは本気になった人だけ

そもそも私が人生計画フォーラムを作ったのは、人生計画フォーラムが大きくなるため、ではもちろんありません。「全ての人が自分の頭で考え、自由で好奇心あふれる生き方ができる世界を創る」ためです。そのための人生計画でありコーチングであり、コミュニティプラットフォームですからね。一度も本末が入れ替わったことはありません。

無料会員よりも正会員が、それよりもブランチリーダーが、さらには人生計画コーチ、マスターコーチと進んでいくに従って、自由で好奇心にあふれる生き方ができる可能性が広がっていくように設計しています。豊かな人間関係を築けて、収入も安定して、やりたいことが仕掛けられるように、です。その意味で一番の受益者は、私です。

結局、自由な生き方をしようと思ったら、自分で動くしかないんですよ。誰かに与えてもらう自由って、もうそれ自由ではないですからね。「何をしたらいいのか良くわからない」と良く言われますけど、フォーラムは先に進むほど考えて動くための裁量が大きい仕組みになっていますから、そこんところよろしくです(笑)。それでは、また。