人生計画協会はコーチング資格の認定と、夢を実現するためのコミュニティを運営する、非営利の団体です

一般社団法人人生計画協会

サラリーマンが自由になるための5つの段階

人生計画であなたの夢を目標に変えて実現する、シナジーブレインの安田修です。

今回の合宿は長く、本当にいろいろなことを考えました。クラウドファインディングのこと、新システムのことなどお伝えしたいことはたくさんあるのですが、あえてこれに絞り、合宿の報告と代えさせて頂きます。長い時間考えた結果、サラリーマンが自由になるまでには、5つの段階があると思うんです。

Ⅰ.サラリーマン

人生計画フォーラムには主婦の方、OLの方、起業家、成功した社長など多くの方にご参加頂いていますが、私の想いはやはり「5年前の自分を救うこと」です。すなわち35才の、小さな子供を抱えた、敢えて言えば男性の、頑張っているけれども要領の悪い、組織に馴染めない、自由を求める、くそまじめなサラリーマンです。

与えられた場所で頑張って、メンタルをやられそうになりながらも能力を高め、難しい資格を取ったり本を読んだり、それでも会社では評価されずに悩む。飲めないお酒を飲んだり、楽しく感じないゴルフを練習したり。無理をしているのに会社から評価されずに悩み、やる気をなくしてはこんなはずではないとまた悩む。

もちろん、サラリーマンとして一生を送ることに喜びを感じられる人はそのままで構いません。段階といっても、先に進めばレベルが上がるという感じではありません。衝動に突き動かされてというか、ある意味やむを得ずに進まざるを得ないという方が、私の感覚には合います。大人になりきれず、人にはそれぞれあるべき居場所がある・・・とかそういうことをいつまでも真剣に考えてしまう私のような人は、進まないと気が済みません。

Ⅱ.起業準備、副業

それで始めるのが、起業準備や副業です。複業なんて言い方もありリスク分散という積極的な意味も半分ありますが、正直言えば半分は逃げです。会社では未来がないけれども、それ以外の場所で光明を見出そうとする行為、それが起業準備であり副業の本質です。全てとは言いませんが、少なくとも私は最初はそうでした。

起業支援の相談を受けていて「この人、全く動くつもりがないな」と感じることが圧倒的に多いのはこのためです。多くのサラリーマンにとって、起業をすることは実は重要ではないのです。起業準備をしているそのことに、価値があるんです。必然的に決断は永遠に先送りされます。なので、そのつもりがない人の背中を押す起業支援という「ビジネス」に、私はもはや全く興味がありません。まあ、今までもそれほどやってませんけど。

またごく希に、たまたま副業がうまくいき、数百万の収入を得られている人もいますが、実はこの状態は不安定です。土日を費やして収入が増えても、長くは続きませんよね。土日でこれだけ稼げるなら、つまらない「本業」は辞めてどーんと数千万円の収入を目指してみようか、と考えるのが自然でしょう。

Ⅲ.スモールビジネス

ごく僅かの、本気で自由を求めた人と何らかの理由で会社にいられなくなった人、副業がうまくいってしまった人が会社を辞めて始めるのが、コーチ・コンサル・士業などのスモールビジネスです。労働集約型でも良いので、まずは安定したキャッシュフローを得ることはとても重要です。稼がないと生きられませんから。

ここで大きな分かれ道になるのが、次の段階である勝負ビジネスを視野に入れて動いているかどうかです。スモールビジネスは、実は全然自由じゃないんです。食うために不本意な仕事も時には受けざるを得ませんし、〆切に追われて時間も拘束されます。土日も休まず仕事をしている起業家なんて、むしろ多数派でしょう。

しかしこの段階で止まるのなら、サラリーマンをやっていた方が良いのではないか、と思います。起業を「してしまった」人は次のステージを視野に入れているかどうか、長期的な視点の有無で、その後の人生が大きく変わるように思います。自由を求めるなら、スモールビジネスは手段であって、目的ではないのです。

Ⅳ.勝負ビジネス

そして勝負ビジネスです。資金調達をしたり人を雇ったりして、大きく仕掛ける段階です。もちろんリスクはありますが、スモールビジネスで基盤を築いていればリスクは限定されます。何のキャッシュフローの裏付けもなく他人のお金だけでこれができる人はすごいとも思いますが、考えが甘すぎるとも感じてしまいます。

長々と書きましたが、今回の合宿で気付いたことはひとことで言えば、「今の自分はⅢからⅣにまさに移ろうとしているところなのだな」ということです。起業から2年でここまで来たなと。そして、これからの私の仕事はこのⅣひいてはⅤを本気で目指す人のサポートということに集約されるのだな、ということなんです。

もちろんコミュニティ・プラットフォームとしての人生計画フォーラムはⅠ〜Ⅲの段階にいる人、その段階を好ましいと思う人を幅広くサポートできるシステムです。だからそれはもう、システムとその分野に情熱を持つ他の人に任せようと。今後、私が直接的に時間を使うのは、Ⅴを目指して先の段階に進まざるを得ない人、人生を変えることに本気になった人のためだけだということが腹に落ちたんです。

Ⅴ.自由

そして勝負ビジネスの向こうにあるのが、自由なのでしょう。この段階については、今の私にはまだはっきり見えません。あまりに単純な考えであり、その段階にいる人々にもやはり切実な悩みがあるのも十分に想像してはいますが、まだそれを語る資格は私にはないんです。体験としてそのことを知りませんからね。

繰り返しになりますが、どの段階が良いとか悪いとか、そういうことではないんです。Ⅰ〜Ⅲにうまく留まることができず、Ⅴを目指さざるを得ない「バランスの悪い人」のサポートにこそ私の情熱は存在するのだということです。人生計画フォーラムも今の良さを残しながらもその方向に「進化」していくことでしょう。

っとここまでを読み返しても、何が言いたいのか良くわかりませんよね。もう少し時間をかけて、いろいろな切り口から少しずつでも伝えられるように努力はしますが、私の中ではこのことははっきりと見えており、極めて重要な気付きです。やることとやらないことが、とてもはっきりしましたから。それでは、また。