人生計画協会はコーチング資格の認定と、夢を実現するためのコミュニティを運営する、非営利の団体です

一般社団法人人生計画協会

人生を変えるのは行動、行動を支えるのは・・・

長期的な視点であなたの夢を目標に変えて実現する、人生計画マスターコーチの安田修です。

「私は意思が弱くて、行動力がないからダメなんです」という人がたくさんいます。確かにブルドーザーのように無尽蔵の行動力がある人は世の中にはいることは確かですが、そんな人は少数派ですし、少なくとも私は意思も弱ければ行動力もありません。でも夢を実現させるために必要なのは、意思の強さや行動力ではないと思うんです。

「行動」しない人には何を言っても無駄

ただ問題なのは、「私は意思が弱くて、行動力がないからダメ」というセルフイメージを持っている人は、実際に行動できないということなんです。何をアドバイスしても「行動できない」という殻にこもって出てこないんですね。この殻を破ることに情熱を燃やす人もいますが、私はこういう人に対しては何も言わず、待つことにしています。

それができるのは人生計画フォーラムという、人が行動しない理由を全て外すための仕組みを持っているからでしょう。この仕組みを使って「動いてみたい」と思ったら、相談に来てくれたら良いと思っています。100人全員が行動できるようになることはないかもしれませんが、確率論でそういう人は必ず出てくると、待つことができるんです。

自ら動いてみたいと思っていない状態、「どうやったら行動できますか」「成功できる方法を教えてください」くらいの感覚で来て貰っても役には立てないと思いますし、本気になっていない人には何を言っても、お互い時間の無駄だと思うので。コンサルティングなら1時間5万円、コーチングも1時間3万円と、料金は高く設定しています。

人生を変えることができるのは行動だけ

究極のところ、人生を変えることができるのは行動だけです。どんなに多くのノウハウを学んだり頭の中でビジネスモデルを考え抜いたとしても、行動をしなければ何も起こりません。逆にあまり深く考えなくても、圧倒的な行動量さえ積み重ねさえすればある種の成功、例えば経済的に恵まれた状態になったりする可能性はかなり高くなります。

冒頭にあげたブルドーザータイプの成功者は、計画のことをバカにしたりする傾向があります。考えている暇があったら、とにかくやれというわけです。それで疲れを知らずにどこまでも走り抜ける人には良いのですが、そんな人は滅多にいないので、この人のノウハウ(と言えるかどうかわかりませんが)は再現性がほとんどありません。

正しい努力を積み重ねるための計画

幸か不幸か私は凡人なので、行動を続けるにはそれを支えるものが必要になります。すなわち自分の価値観を言語化することであり、将来の明確なビジョンであり、実現性のある計画です。人生計画ですね。長い時間を費やして考え抜いて、夢を明確化して目標に変え、お金の裏付けを取って腹に落とすという、地道な作業が必要になるのです。

「幸か不幸か」というのは何かというと、世の中のほとんどの人は凡人(あなたが天才だったらすみません)ですから、この方法論つまり人生計画は他の人でも同じように使える、再現性があるんですよね。正しい方法論があれば、意思の強さや圧倒的な行動力がなくても、人生を良くすることができるということになりますよね。

夢とお金は2大タブーであり、2大重要ファクター

人生計画を作るときに気をつけないといけないのが、夢とお金から目を逸らさないことです。私が思うに夢とお金は人生を考える上ではもっとも重要なファクターなのですが、同時にタブーでもあります。夢を語れば「年甲斐もなく・・・」とたしなめられますし、お金の話をすれば「汚い話をするな!」と叱られます。

私たちは小さな頃から、そういう教育を受けてきているんです。少し強い言葉を使えば「洗脳」と言えるでしょう。枠をはみ出ない規格通りの「部品」を大量生産し、人間から自分の頭で考える能力を奪う場所、それが学校です。そしてその部品を必要としてきたのが、大企業や官公庁です。その意味で夢とお金は、タブーなんですよ。

フィードバックのループを回す

自らの夢を明確にして目標に変え、裏付けのある計画を作ったら、あとは行動するだけです。もう人生計画を実現するだけなんですね。誰のためでもなく、自分のために。意思の力ではなくて、理性と習慣の力を使って行動をするんです。市場の反応を得て、フィードバックのループを回し続けましょう。

冒頭のブルドーザー氏が一定の成功を収めてしまうのは、仮にめくらめっぽうであっても圧倒的に大量の行動をすることで大量のフィードバックが得られ、少しずつ修正をしながらいわば「全パステスト」をすることで、偶然に正解を見つけてしまうことがあるからです。確率は低くても試行回数が極めて多いので、ヒットするわけですね。

計画に基づいた行動はこの確率の方を高めます。そして、自分にとって正しいと思える方向からどのようにずれているかが検証できるようになりますので、比較的少ない試行回数でヒットするようになります。つまり、人生計画と圧倒的な行動が組み合わされば、鬼に金棒というわけです。なんとなく、伝わりますかね。それでは、また。