人生計画協会はコーチング資格の認定と、夢を実現するためのコミュニティを運営する、非営利の団体です

一般社団法人人生計画協会

私がカプセルホテルに泊まるたった一つの理由

長期的な視点であなたの夢を目標に変えて実現する、人生計画マスターコーチの安田修です。

今、人生計画フォーラムの布教(笑)のために大阪に来ていて、スタバの窓際の席でドヤ顔をしながらMacbook Airでこの記事を書いています。驚かれることが多いのですが、大阪では私はカプセルホテルに泊まっています。それは、ある考えがあるからです。私が出張先でブログを書くの、珍しいですよね。

コストパフォーマンスは

カプセルホテルの良いところと言えば、当然その値段が安いことでしょう。誰だって、同じ値段ならビジネスホテルに泊まりますよね。でもこのメリット、案外決定的じゃないんです。ぼろぼろのところならまた違うのでしょうけど、清潔で安心なところを選ぶと案外、1泊3,000円を越えたりしちゃうんですよね。

先月博多に行ったときは、モノは試しと思って初めて「個室カプセル」のところに泊まったのですが、もうそうなると4,000円くらいで、ビジネスホテルと大差ありません。個室カプセルとはカプセルに少しプライベートなスペースが付いている形態で、快適さもお風呂が共用なことを除けばビジネスホテルと大差ありません。

地方はもちろん、都市でもちょっと歩けば1泊5,000円くらいのビジネスホテルは見つかるので、単に安いからという理由だけでは、カプセルホテルにこだわる必要はなさそうです。安さにこだわるなら漫画喫茶の方が良いでしょうけど、さすがに仕事でそれはしんどいですね。

運が良ければ快適

コストは3,000円程度。で、パフォーマンスの方はどうかといえば、「運が良ければ快適」です。大浴場も案外リラックスできますし、全く不自由なく過ごせた、と感じることも多いです。ただ、これは運次第です。最大のリスクは隣のカプセルに入っているひとのイビキ。次に早朝のアラームの音や話し声です。

まあこれは、安いビジネスホテルでも多少はありますよね。でもカプセルだと、音の響き方がはるかに直接的です。朝5:00にどこか近くのカプセルでアラームがなり始めていつまでも止まらなかったりすると、殺意すら抱きますよ実際。で、仕方なく起きてサウナに行ったりするわけですが、その場合は寝不足です。

強制的に外に出る

ただ、人生万事塞翁が馬と言いますか捉え方次第。朝5:00には自力では絶対に起きませんが、「起こしてくれてありがとう」と思えるくらいの広い心を持てれば話は別です。夜も狭いカプセルにはできるだけ帰りたくないですから、カフェでもうひとアポとかもうひと仕事、こなしていこうかという発想にもなります。

でもこれ、私がビールを飲まないからこそかもしれませんね。サウナから出てビールを飲みながらテレビを観る習慣のある人には、カプセルホテルが時間を生み出すことはないかもしれません。また、私が使っている難波のアムザというビルには、飲食店もありマンキツもあり近くに映画館もありで、快適過ぎて非常に危険です。

ストーリーとしての面白さ

今まで書いてきたコストの面や外に出されるメリットはあくまで一般論で、今の私がカプセルホテルを使っている理由ではありません。私があえてこうしているのは、「ストーリーとして面白いかな」というのがその理由です。人生計画フォーラムの全国展開には、最初はカプセルホテルが似合うかなと思ったんです。

あの頃はまだメンバーが100人くらいしかいなかったのに、反対を押し切って無理矢理全国展開を進めたんだよ。アポもないのに大阪や名古屋、博多に北海道と飛び回って、ランチは奢っていたけど自由に使えるお金はなかったから、カプセルホテルに泊まっていたんだよ、っていずれ語りたいじゃないですか。ドヤ顔で。それで、成長に合わせてラグジュアリーホテルのスイートルームにまで上り詰める(笑)。話として面白いでしょ?

とは言え、結論としては

結論としては、カプセルホテル巡りももう良いかなと感じています。カプセルだとしんどい!無理!となって1回でやめるかなと思ったのですが、案外快適だったので3ヶ月続けてしまいました。でももう今後は、本当に予約が取れないときを除いてビジネスホテルをちゃんと使うことにします。

当たり前ですけどしっかりと疲れを取って、パワフルに活動をした方が結果は出ますからね。あっという間にホテル代の差額くらいは取り戻せますよ。私の場合は戦略を練ることも多いですし、部屋でブログを書くこともできますから、1記事1万円と考えても絶対に個室に泊まるべきです。高級ホテルが必要、とまでは言いませんが最低限のプライバシーは確保したいところです。

一方で、一出張辺りに一都市にかける日数はちょっと減らしても良いかなと思っています。効率的に動けば、名古屋なら日帰りでも良いですし、大阪でも2泊もすれば十分です。その辺りも、カプセルでコストを抑えたことにより気持ちの上でぜいたくに時間を使えたことにより見えてきた成果ですね。

そんなわけで、これからは出張時に連絡が取りにくいとか事務が少し遅くなる、ということもなくなるはずです。旅先からのFacebookやブログでの発信も増えます。そもそも、出張期間が少し短くなります。ホテル代を稼ぐためにも、ちゃんと仕事しなくちゃね。それでは、また。