• HOME
  • 無料会員申込フォーム

無料会員申込フォーム

下記のフォームを必要事項を入力し、入会お申し込みを行ってください。

正会員へのお申込みはこちら

氏名(本名)必須
本名を入力してください。姓と名の間には必ずスペース(全角)をいれてください
ビジネスネーム
実際に使用しているビジネスネームがある場合は、入力すると氏名の代わりに表示されます
メールアドレス必須
パスワード必須
8文字以上、半角英数字を組み合わせてご入力ください
紹介者名
会則の確認必須

無料会員会則

第1条

当会の名称は「人生計画フォーラム」(以下、フォーラム)とする。以下、会の詳細その他については正会員会則に定めるものとし、当会則では、無料会員に限って適用される事項に限定して記載する。以下、単に「会員」と記載されるときは正会員・無料会員の両方を含むものとする。

第2条

無料会員への登録方法は、無料会員会則を確認の上でコミュニティ・プラットフォーム・システム(以下、システム)より申込を行う。

第3条

無料会員は、会費の支払いを含む正会員の権利・義務の適用を受けない。有料のイベントに参加することは可能だが、任意である。

第4条

無料会員は以下のことが実施できる権限を持つ。

  • 無料のメールマガジン「夢とお金の狭間」を購読できる。なおメールマガジンはシステム登録後に人生計画協会から自動的に配信され、無料会員である間は解除できない。
  • 「人生計画フォーラム無料会員」ブランチに参加できる。なお、無料会員ブランチには自動的に登録される。
  • 上記に加え1つに限り、任意のブランチに参加できる。参加しているブランチのイベントには回数の制限なく(通常、有料で)参加できる。
  • 参加しているブランチ以外が開催するイベント(公式イベントを含む)に3回までビジターとして(通常、有料で)参加できる。

第5条

無料会員は正会員と比較して、以下の制約を受ける。

  • 会員特典のポイントが付与されない。
  • ブランチやイベントを作成することができない。
  • システム上の情報閲覧に一定の制限がある。

第6条

退会を希望する無料会員は、いつでも自らシステム上で退会手続きをすることができる。事務局への連絡その他の方法では、原則として退会は認められない。ブランチへの登録、将来のイベントへの参加登録がある状態では退会することはできず、退会に際しては事前にそれらの状態の解除を要する。

第7条

無料会員の紹介により新たな正会員が入会した際には、人生計画協会は紹介者に対して紹介料1万円(税込み)を支払う。支払いは銀行振込によってなされ、振込手数料については無料会員がこれを負担する。

第8条

当会則に記載のない事項についても、フォーラムサイトに記載された内容、Facebookグループ「人生計画フォーラム無料会員」Facebookグループに掲載された内容(各ガイドラインを含む)は、無料会員に対して適用される。その内容に相互に矛盾がある場合には、当会則が最優先とし、次いでフォーラムサイトに記載された内容を優先して適用することとする。

第9条

会員はフォーラムの活動を通じて知り得た他の会員のアイデアや固有情報を当会の趣旨に反して利用しないものとし、また当会の健全な運営に必要な守秘義務を負うものとする。

第10条

無料会員は自らの責任において夢の実現を目指すこととし、人間関係・金銭関係等のトラブルは会員間で解決することに努める。発生したいかなる損害、不都合について、他の会員や代表者あるいは事務局等の関係者に損害賠償を請求しないものとする。

第11条

無料会員が次の各号のいずれかに該当した場合、事務局もしくは代表者によりシステムから通告を要せず強制的にシステムから抹消され、会員資格を即時、失う。強制退会となった無料会員は、再度の入会を拒否されることがある。

(1) フォーラム及びその会員の名誉を著しく傷つける行為があったと認められたとき
(2) 重い刑事上の罰則を受けるなど、事務局が無料会員として不適切と認めたとき
(3) 会員相互の和を乱したり、強引な販売行為を行う、守秘義務に反するなど、フォーラムの趣旨に反する行為をしたとき
(4) 商品の販売を含むネットワークビジネスに関する活動、特定の宗教の勧誘を目的とした活動や政治活動、過度に投機的な投資商品あるいはリスクの説明が適正になされない投資勧誘をしたとき
(5) 第12条に反したとき
(6) 会則に違反し、改善が認められないとき
(7) その他、事務局もしくは代表者が特に退会の必要性を認めたとき

第12条

会員は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これに準ずる者(以下、「反社会的勢力」という)のいずれでもなく、また、反社会的勢力が経営に実質的に関与している法人等に属する者ではないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約する。

第13条

本会則の変更及びフォーラムの運営に必要な規定外事項の取り扱いは、事務局および代表者がこれを決定する。会則はその時点で最新のものを優先して適用する。

第14条

本会則に関する一切の争訟は、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とする。

第15条 施行年月日、会則制定・改訂

本会則は2017年10月20日より実施する。2017年10月20日制定。

正会員へのお申込みはこちら

TOP